テージョ川とアルファマ地区の街並みを眺めるなら『ポルタス ・ド・ソル展望台』

ポルトガルの首都であるリスボンは、「7つの丘の街」(坂の街)と称されるほど坂の多い街です。
そのため、僅かな距離とおもってあるいてみると、坂道のためおもっていた以上に時間がかかったり疲れたりすることもあります。

またリスボンには絶景を眺めることのできる展望台がいくつかあることも知られています。高台にある展望台へアクセスをする場合、公共交通機関で目的地まで目指すのもいいですし、自分の足で街の様子をのんびり眺めながら行くのもいいですよね。

『ポルタス ・ド・ソル展望台』へのアクセス

『ポルタス・ド・ソル展望台』へは、リスボンで数多く走るトラム路線の中でも人気№1の28番を使えばアクセス良好です。
そして、この展望台の前はいくつか複数のトラムがクロスする場所でもあるので、トラムを撮影する人で賑わう場所でもあります。

28番トラムを利用するならば、Martim Moniz から乗車が便利!

【トラムの場合】
28E
Martim Moniz ⇒ Lg. Portas Soⅼ 下車後、徒歩1分で展望台到着

『ポルタス ・ド・ソル展望台』からの眺望

『ポルタス・ド・ソル展望台』はアルファマ地区にある展望台。
展望スペースには売店や飲食店もあって、景色をゆっくりと楽しむことができますよ。
リスボンで一番人気の28番トラムをつかってのアクセスもいいので、多くの観光客が訪れます。
『ポルタス・ド・ソル展望台』の魅力はなんといってもその景色!テージョ川の景色や、リスボンらしいオレンジ屋根が特徴的なアルファマ地区の景色が最高の展望台ですよ。

リスボンには他にも素晴らしい景色を楽しめる展望台はあります!
自分の好みの景色を楽しめる場所を探してみても楽しそうですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。