ボストンの歴史的舞台を巡る『フリーダムトレイル』(前編)

2019年GWにニューヨークに続きアメリカ東海岸 2都市目に訪れた町はボストン!
ボストンといえば、ボストン美術館MLBボストンレッドソックスや ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などがあることで有名です。
しかしこの街を語る上で欠かせないのは『歴史』です。アメリカで最も古い街、アメリカ独立戦争の舞台となった街、それがボストンという街。
ですから以前からボストンを訪問したら最初に『フリーダムトレイル』を散策してみようと考えていました。
フリーダムトレイル沿いにあるボストンの歴史に深く関与した場所は16か所、それを前後編にわけて2回でお届けします。

1.フリーダムトレイル( Freedom Trail)とは

フリーダムトレイル』はアメリカ最古の公園ボストンコモンからバンカーヒル記念塔まで続く約4kmのアメリカ建国にまつわる史跡を巡る散策路です。
徒歩で廻るので短時間でボストンの街の様子を知るボストン観光で外せない人気観光地といえます。

フリーダムトレイルのホームページから散策ルートの地図をチェックできます。
ボストンコモンの観光案内所には有料のマップしかありませんでしたので、こちらの活用をお勧めします↓
ボストン観光MAP☜フリーダムトレイル ホームページから引用

2.フリーダムトレイル( Freedom Trail)を散策

それではフリーダムトレイルの散策にでかけましょう!
スタート地点はボストンの中心にあるボストンコモンです。

1.ボストンコモン(Boston Common)

ボストンコモン』はボストン中心部にある1634年に創立されたアメリカ最古の都市公園。
公園内にある観光案内所がフリーダムトレイルの出発点になっています。

公園の緑の向こうにボストンの高層ビル群が見えます。
フリーダムトレイルは、この様な線に沿ってあるけば名所を巡ることができます。

【所在地】 139 Tremont St. Boston, MA 02111

2.サチューセッツ州会議事堂(Massachusetts State House)

マサチューセッツ州会議事堂』は1789に完成し、現在ではアメリカ合衆国国定歴史建造物に認定されています。
この建物で一番目を奪われるのは中央の金色のドームですが、建設当時は金色ではなく1872年に金色に塗装されたそうです。
また敷地内にはジョン・F・ケネディの立像があることでも知られています。

【所在地】 24 Beacon St. Boston MA 02108

3.パーク・ストリート教会  (Park Street Church)

パーク・ストリート教会1809年に完成した白い8角形の塔をもつ教会。尖塔は66mあり1828年まで全米で一番高い建造物でした。
歴史的には1829年7月4日にアメリカで初の奴隷制度反対の演説が行われた場所として有名。

【所在地】 1 Park Street,Boston, MA 02108

4.グラナリー墓地(Old Granary Burial Ground)

1660年に設立されたボストンで3番目に古い墓地。アメリカ独立戦争の推進者やボストン大虐殺の犠牲者、アメリカ独立宣言に署名したサミュエル・アダムズ、ジョン・ハンコックなどの著名人がグレナリー墓地には埋葬されています。

【所在地】 95 Tremont St. Boston MA 02108

5.キングス・チャペル(King’s Chapel

1688年にボストン初の英国国教会として墓地の中に建てられた教会。
キングス・チャペルは塔のない珍しい教会であり、アメリカ合衆国国定歴史建造物にも認定されています。

【所在地】58 Tremont St. Boston, MA 02108

6.旧ボストン・ラテン・スクールとベンジャミン・フランクリンの銅像(Boston Latin School Site/Benjamin Franklin Statue)

1635年に設立されたアメリカ最初の公立学校であり、現存する最古の公立学校がボストン・ラテン・スクール(現在は異なる場所にあります)。
卒業生に有名な人物も多いですが、中退者にもベンジャミン・フランクリンのような有名人が存在します。
ベンジャミン・フランクリンの銅像は当時の学校の近くにある旧市庁舎の敷地内にあります。そしてベンジャミン・フランクリンはアメリカ建国の父の一人に数えられる人物。100ドル札の肖像に描かれていますことからもその功績が判ります。

7.オールド・コーナー・ブックストア (Old Corner Book Store)

アメリカ最古の書店でである『オールド・コーナー・ブックストア』は、「アンクル・トムの小屋」の作者 ハリエット・エリザベス・ビーチャー・ストウや「若草物語」の作者 ルイーザ・メイ・オルコットなどの奴隷制廃止論者・アメリカを代表する文学者が集まっていたサロン的な場所。

【所在地】 283 Washington St. Boston, MA 02108

8.オールド・サウス集会場 (Old South Meeting House)

ボストンでは旧州庁舎に次いで歴史のある建物であるオールド・サウス集会場は1729年に設立された教会。
1773年、当時ボストン最大の収容人数を誇った教会で5000人以上の市民が集まりサミュエル・アダムスやジョン・ハンコックなどがアメリカ独立に関する議論を交わし、その夜にボストン茶会事件へと発展していったことで有名な場所。

【所在地】 310 Washington St. Boston, MA 02108

フリーダムトレイルで残念なのは、アメリカ独立を語る上で欠かすことのできない ボストン茶会事件の場所がコースから外れていることです。

フリーダムトレイル( Freedom Trail)散策の前編は以上となります。
後編は旧マサチューセッツ州会議事堂( Old State House )からスタートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。