世界のカフェをゆく~ニューヨーク編 Part3~『STUMPTOWN COFFEE ROASTERS』

2019年4月に訪問して以来、約10か月ぶりの訪問となったニューヨーク。
前回に引き続き、今回も大好きなカフェを訪問してきました。
今回、紹介いたしますのは2018年9月にポートランドで訪れた『STUMPTOWN COFFEE ROASTERS』のニューヨーク・ワシントンスクエア近くのショップです。
そして、世界のカフェをゆく ニューヨーク編も今回で第3弾となります。
最後までお付き合いください。

『STUMPTOWN COFFEE ROASTERS』について

オレゴン州ポートランドに本店を構える『STUMP TOWN COFFEE ROASTERS』は、サードウェーブコーヒー発祥の店の一つとして認知されています。

サードウェーブコーヒー発祥の店としては他に、ノースカロライナ州ダーラム発祥のCounter Culture Coffee、イリノイ州シカゴ発祥のIntelligentsia Coffeeが有名です。
日本では2015年に清澄白河に「ブルーボトルコーヒー」が出来て以降、サードウェーブコーヒーという言葉が広がったようです。

サードウェーブコーヒー 』って何?

『サードウェーブコーヒーって何?』と思う人って結構いるのではないでしょうか?
サードウェーブコーヒーというからには当然ファーストウェーブコーヒーとセカンドウェーブコーヒーがあるんですよ。
その時代をさかのぼって順に説明いたします。

※ファーストウェーブ(第一の波)

1850年代にインスタントコーヒー会社ができてアメリカの家庭で手軽にコーヒーが飲めるようになった時期。

※セカンドウェーブ(第二の波)

1960年代、サンフランシスコに『Peet’s Coffee & Teaというコーヒー焙煎業者が創業、インスタントでは出すことのできないコーヒーのもつ様々な楽しみ方を提供するきっかけを与えたことから始まります。
例えば深煎りのアラビカコーヒー、ラテの味を引き出すダークローストのコーヒーなどを焙煎し、インスタントとは異なる味を提供し始めました。

そしてその動きは1971年にシアトルで創業したスターバックスによりより大きな波へとなり「ラテ」「エスプレッソ」「シアトル系」という言葉が身近に使われるようになると共にセカンドウェーブコーヒーが世界中に広がりました。
また、このブームのときにバリスタと呼ばれる人がコーヒーに関する知識を専門家以外にも広げたことが次のサードウェーブに繋がったと考えられています。

※サードウェーブ(第三の波)
厳選した豆を生産農家(農園)から直接買い付け、買い付けた豆を店舗のロースターで焙煎、その場でコーヒーを淹れるという店が人気を集めるようになりました。
またセカンドウェーブだと「●●産」のコーヒー豆といった国の表記だったのに対して、サードウェーブでは「農園」単位の表記となっています。
シングルオリジンという言葉は、ここからきているんです!
農園単位にこだわっているところは「ワイン」に似ていると思います。

都内では「Glitch Coffee and Roasters」「Leaves Coffee Roasters」「SINGLE O JAPAN」が人気をはくしています。

ニューヨークにある『STUMPTOWN COFFEE ROASTERS』について

オレゴン州ポートランド発祥のSTUMP TOWN COFFEE ROASTERS』は、
いまではシアトル、LA、ニューオリンズ、シカゴ、そしてニューヨークにも店を構えています。

ニューヨーク1号店はエースホテルのロビーに2009年にオープン。
今回、私が訪れた「グリニッジビレッジ店」は2013年にオープンしました。周辺にはワシントンスクエアがあり散歩の途中によるのもいいですし、またニューヨーク大学(NYU)の施設が集中している地区でもあるので、店内はラップトップで勉強をしながらコーヒーを飲んでいる学生が沢山います。

こじんまりした店内ですが、落ち着いた感じの雰囲気でコーヒーを美味しくいただき、堪能するのにぴったりの場所ですね。

店内はコンパクト。来店する人もバリスタも若い人が多いです(^^)
大学が近いために学生が多いせいでしょうか?

迷ったときは、本日のコーヒーを注文してみるのもいいですよ(^^)
この日のドリップコーヒーもとても美味しかったです。

『STUMPTOWN COFFEE ROASTERS』 グリニッジビレッジ店の詳細情報

既に記載していますが、「グリニッジビレッジ店」はワシントンスクエアの近くにあります。
その詳細の住所、営業時間をまとめましたので散策の休憩などにたちよってみてはいかがでしょうか?フードメニューもありますよ。

住所:30 W 8th St, New York

営業時間:7時00分~20時00分
グリニッジビレッジ店のURL:https://www.stumptowncoffee.com/locations/newyork/greenwich-village

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

もしよろしければ、2019年ゴールデンウィークに訪れたカフェの記録もお読み下さい(^^)

【PART1の紹介カフェ】

  1. 『 Devocion 』
  2. 『Butler』
  3. 『Birch Coffee』
  4. 『Variety Coffee Roasters』
  5. 『 Blue Stripes Cacao Shop 』

【PART2の紹介カフェ】

  1. 『Think Coffee』
  2. 『Starbucks Reserve Roastery New York』
  3. 『Blue Bottle Coffee』
  4. 『La Colombe』
  5. 『Irving Farm Coffee Roasters』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。