【ニューヨーク旅行】世界のスターバックスをゆく~Starbucks Reserve Roastery New York ~

「Starbucks Reserve Roastery 」とは…

「Starbucks Reserve Roastery( スターバックス リザーブ ロースタリー )」とは、 焙煎工場を併設したスターバックスの高級コンセプト店舗 の事です。既にオープンまたはオープンが発表されている店舗は全世界で6店舗のみ。

1号店…シアトル  (2014年オープン)

2号店…上海    (2017年オープン)

3号店…ミラノ   (2018年オープン)

4号店…ニューヨーク(2018年オープン) 今回はこちらへいってきました!

5号店…東京・中目黒(2019年オープン)

6号店…シカゴ   (2019年オープン予定)

スターバックスファンならば一度は行ってみたい店舗ばかりですよね!

「Starbucks Reserve Roastery New York」に行ってきました

2019年ゴールデンウィ―ク期間でのニューヨーク旅行中に2018年12月にオープンした「Starbucks Reserve Roastery New York」を訪問してきました。

「Starbucks Reserve Roastery New York」はチェルシーマーケットの近くにある店舗ですので他の観光地とセットで行きやすい立地です。

今回、私は「Vessel」の観光後、「ハイライン」を散策しながらココに辿り着きました。

スターバックス・リザーブ・ロースタリー ニューヨーク

61 9th Ave,New York, NY 10011

世界で4番目にオープンした「Starbucks Reserve Roastery New York」外観はそれほど豪華という感じはしませんが、扉をあけて一歩足を踏み入れると豪華な空間が広がっていました!

個人的な感想ですがシアトルの1号店よりも広い感じで過ごしやすかったかな。焙煎所というよりもスターバックスコーヒーのテーマパークという表現がぴったりかもしれません。

コーヒーはもちろんのこと、 フードメニューも充実しています。ミラノ発の人気ベーカリー「プリンチ」が店内にあり、たくさん美味しそうなピッツァやぺストリー、パンが並んでいます。

店内は1階、地下、2階の3フロアに分かれています。

※1.地下

1階から階段を少し降りた地下フロアには、「焙煎フロア」「エクスペリエンスバー(Experience Bar)」があります。

「焙煎フロア」でひときわ目をひく銅製キャスクの中では焙煎後のコーヒー豆が休まされてガス抜きをされているそうです。

銅製キャスクとロースター
銅製キャスクとロースター

そしてここではマスターロースターから焙煎前・焙煎後のコーヒー豆の説明を聞くこともできますし、豆を見ることもできる最大の見どころの場所です。

「エクスペリエンスバー(Experience Bar)」では特別なコーヒーを味わうことができます。

エクスペリエンスバーからの眺め
コーヒーを飲みながらこの美しい眺めを堪能!

いつも飲んでいるコーヒーもいいのですが、折角ですから少し違ったコーヒーを Experience Barにてサイフォンフライトでいただきました。

  1. GRAVITAS BLEND VINTAGE 2019
  2. KENYA RUNGETO
  3. PAPUA NEW GUINEA KIGABAH ESTATE

個人的には2番のケニア産のコーヒーが美味しかったと思いました。

目の前で淹れていただいた複数のコーヒーをゆっくりと頂くことができた時間はリラックス出来た心地よいものでした。

シアトルの時は人の多さであまり余裕をもってコーヒーを味わうことが出来なかったんですよね。だから余計に心地よく感じたのかもしれません。

※2階

このフロアは「アリビアーモ・バー」と呼ばれています。コーヒーとティバーナから作られるオリジナルカクテルをいただける大人の空間です。

アリビアーモ・バー

※1階

出入口から直結しているこのフロアは「Starbucks Reserve Roastery New York」の顔ともいえるフロアです。「メイン・バー」を中心に構成されています。入口から足を踏み入れた瞬間に感動する美しさです!

天井のライトやパイプを流れるコーヒーなど見ているだけで楽しくなります。メインバーでコーヒーを頂くこともできますし、コーヒーの購入やタイミングがよければ試飲もできるかもしれませんよ(^O^)

そして 「Starbucks Reserve Roastery New York」 にきたら必見なものが1階の壁にあります。

それが「セイレーン像のアート」です!スターバックスのロゴマークである人魚セイレーンです。このアートは地元アーティストのマックス・ステイナー氏がデザインされたもので撮影スポットにもなっています。

「Starbucks Reserve Roastery New York」はオープン当初は行列ができる程の混雑ぶりだったようですが、今は落ち着いてきている様子でした。スターバックスが大好きな人はもちろん、普段はあまりスタバに行かないな~という人もコーヒーのテーマパークのようなこちらは純粋に楽しめる場所だと思います。

チェルシー地区に足を運ぶことがあれば、こちらへも足を運んでみてはいかがでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。