まるで美術館の様な図書館「ボストン公共図書館」は必見です!

2019年のゴールデンウィークのアメリカ東海岸への旅行で訪れたボストンは、
世界的にも有名なハーバード大学、マサチューセッツ工科大学があることでも知られています。
「学問の街」ボストンにある公共図書館、図書館の域を超えた必見の施設です。

歴史

ボストン公共図書館The Boston Public Library』は、ボストンにあるボストン市立の公共図書館。
アメリカ最古の公立図書館として1848年に創設され、市民に無料で公開された史上最初の近代的公共図書館として知られています。

ボストン公共図書館は、1895年に建てられたルネッサンス様式の建築物でニューヨークのメトロポリタン美術館を手がけたマッキム・ミード&ホワイトの設計によるものですから、正面から見ると美術館の様にみえるのは当たり前かもしれません。

「ボストン公共図書館」正面の左右には1対のブロンズの女神像があります。
1つは科学、もう1つは芸術を表しているそうです。

上の女神像は『科学』を象徴しているみたいですね。

ボストン公共図書館は、外観から見ているだけでも図書館とは思えない美しさで、さながら美術館といった雰囲気で館内すべてが見所といった感じです。

図書館に足を一歩踏み入れてホールに入った瞬間に息をのむほどです。
大理石の階段も見事ですが、そこにあるジョン・シンガー・サージェントによる壁画や天井画は必見!
足を止めてじっくりと鑑賞してみて下さいね。

見所

階段を上り2階にくると人気スポットの「リーディングルーム」に到着します。
緑の照明に、天井など、どれも素晴らしすぎます。このような環境の中で勉強をしたら頭が良くなりそうですね(^O^)

写真撮影はOKですが、読書をする場所ですからフラッシュはNGです。

2階 リーディングルームの奥にあるのが「Abbey Room」。
この部屋の壁画はアメリカ人画家 アビーによるものです。壁画も見事ですが、天井も必見ですよ。

概要

ボストン公共図書館The Boston Public Library』の蔵書数は500万冊以上でワシントンD.Cのアメリカ議会図書館に次ぐ規模。
重要な所蔵本として有名なものは、シェイクスピアの初版本などが揃っている事でも有名です。

【施設名】ボストン公共図書館The Boston Public Library

【所在地】700 Boylston Street,Boston MA 02116
         コプリー・スクエアに面している立派な建物です。

【開館日】毎日

【開館時間】月曜日から木曜日 9時から21時
      金曜日・土曜日  9時から17時
      日曜日     13時から17時

「ボストン公共図書館」の奥に見えるのは「オールドサウス集会場」です。
コプリースクエアに面した建物は歴史を感じさせるものばかり。ライトアップした姿も美しいですよ。

滞在中に一度は足を運んでみてはいかがでしょうか(^.^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。