【ボストン旅行】ボストンで最も絵になる場所『ビーコンヒル』を散策してみました。

2019年GWにボストンを訪れました。旅行前にいろいろなガイドブックで情報収集をしましたが、必ず代表的な景色として紹介されていたのが、赤レンガと石畳で作られ、ボストンらしい景観を楽しめるエリアである『ビーコンヒル』です。
地区の名前の由来は、かつて丘の頂上で航海上の目印としてかがり火が焚かれていたことにあるそうです。

ジョージア様式 の家並みが連なる富裕層の住宅地。 赤レンガの家、石畳、街路樹、ガス燈、小さな路地から構成される街並みは国定史跡に指定されているほどです美しい場所です。

1.Tatte Bakery & Cafe にて朝食

ボストンに到着して、すぐにでも『ビーコンヒル』を散策したいのですが、お腹も空いていたので、まずは朝食を頂くことにしました。
朝食をいただくことにしたカフェは妻が旅行前からチェックしていた『Tatte Bakery & Cafe』。
こちらの店はボストン中心部だけでも8店舗、ボストン郊外に5店舗、合計13店舗を展開する人気カフェです(店舗数は2019年8月現在のものです)。

Tatte Bakery & Cafe , Beacon Hill」の外観。
ビーコンヒルの他の建物にあわせ馴染んでいました。
店の中は朝早い時間にも関わらず近所の人でいっぱい!その理由は店員さんがフレンドリーに温かく迎えてくれる雰囲気にあるのだと思います。

ドリンクメニュー、コーヒーはオレゴン州ポートランドに本店のある「Stump Town Coffee」のものでした。

上(左)の写真はパン、上(右)の写真はケーキなどのスウィーツ。
朝早い時間でしたので、作り立てのものが選びたい放題です(^.^)
これだけあると何にしようか迷ってしまいます。

結局、朝からしっかりと食事をしちゃいました。
ボリュームもある、メニューも豊富、美味しい食事もできる「Tatte Bakery & Cafe , Beacon Hill」はカフェとしてだけでなく、モーニングやブランチにもオススメできる店でした。

【住所】70 Charles Street,Boston, MA 02114
【営業日】 毎日
【営業時間】
・月曜~金曜日 7時~20時
・土曜日 8時~20時
・日曜日 8時~19時

※写真の引用元:TatteBakery&Cafe のHPより

美味しい食事の後は、いよいよ『ビーコンヒル』の散策です (^.^)

2.ビーコンヒルの散策をスタート!

ビーコンヒル』の散策時間は30分から45分程度かかります。
ジョージア様式の赤レンガの家並み、石畳、街路樹、ガス燈、細い路地は知識なしでも歩くだけで楽しいのです。

そんな中で気をつけて欲しい事は「歩きやすい靴で散策を」という事ですね。
その理由は簡単。『ビーコンヒル』は石畳の箇所が多く、急な勾配の坂道が多いからです。
これさえ気をつければ散策がより楽しくなりますよ(^.^)

Acorn Street (エーコンストリート)】

ビーコンヒルに存在する数多くの通りの中で一番観光客に人気がある通りが、「Acorn Street(エーコンストリート)」です。
静かな佇まい、赤レンガの家、石畳、星条旗がバランスよく配置され、本当に絵になる風景でした。
絵になる風景であるため、ここはボストンを紹介する本や映像で必ずといっていいほど紹介されるボストンを代表する観光スポットです!

この日はあいにく午前中は雨がふりそうな雲が多い日でした。
そのおかげでガス燈(ガスではなく電気です)が灯っている様子をみることが出来ました。
どんな天気でも旅は楽しまないとね(^.^)

上の2枚の写真がAcorn Street(エーコンストリート)」。
古きよきアメリカといった感じの雰囲気が漂う綺麗な場所で、ボストンを紹介する時に、この場所が使われるのも納得ですよね。

まさにインスタ映えする景色でした!
でも、この「Acorn Street(エーコンストリート)」は私道なので撮影時には静かにしましょうね。

ボストンに来たならば、是非、足を運ぶ事をお勧めする観光スポットですよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。