【台湾旅行記】台北オープントップバスに乗って市内観光地を巡ってみました

2019年10月、Peach、に乗って台湾へ行ってきました。
初めて搭乗するLCC (ローコストキャリア) !
2泊でしたが、Peachの運行スケジュールのおかげで滞在時間を長く確保することができ、いろいろと観光ができました。
その時に訪れた場所の情報などをまとめていますので、これから台湾旅行をする方へ参考になればと思います。

オープントップバスの路線について

台北のオープントップバスは2階建て!
台北駅を出発点としてレッドラインとブルーラインの2コースで運行されていて、いずれもコースを巡回し台北駅までもどってきます。出発地点からずっと降りずに1周乗ってもOK。
途中には点在するいくつかバス停で乗り降りすることも可能。チケットには4時間チケット、日中チケット、24時間チケット、48時間チケットの4種類がありますので自分の行動に合わせて購入できます。
急に乗りたくなっても現地で直接購入もできます!

台北観光初心者にはブルライン、レッドラインのどちらがいいのでしょうか?
個人的な意見ですが、初めて台湾旅行をした私は観光地が点在しているレッドラインが楽しめました。
その理由は、ブルーラインで主要な観光スポットは「故宮博物館」くらいしかありません。しかしレッドラインでは「西門」「龍山寺」「総統府」「中正記念堂」「台北101」といった台北の主要観光スポットを通ります。
最寄りのバス停留所で降りて見学をするもよし、バスの上から見学するのも違った視点で楽しめるのがいいですよね。

【ブルーラインの停留所】(所要時間 約70分)
台北駅 ⇒ MRT西門駅 ⇒ 台北アンバサダーホテル ⇒ 大同公司 ⇒ 台北市立美術館 ⇒ 圓山飯店 ⇒ 銘伝大学 ⇒ 士林官邸 ⇒ 故宮博物館 ⇒ 士林官邸 ⇒ 銘伝大学 ⇒ 圓山飯店 ⇒ 台北市立美術館 ⇒ 大同公司 ⇒ 台北アンバサダーホテル ⇒ 台北駅

【レッドラインの停留所】(所要時間 約70分)
台北駅 ⇒ MRT西門駅 ⇒ MRT龍山寺駅 ⇒ 小南門 ⇒ 中正紀念堂 ⇒ 信義永康街口 ⇒ MRT大安森林公園駅 ⇒ 信義通化街口 ⇒ 101国際ショッピングモール ⇒ 松寿ロ ⇒ MRT市政府駅 ⇒ MRT国父記念館駅 ⇒ MRT忠孝敦化駅 ⇒ 頂好市場 ⇒ MRT忠孝復興駅 ⇒ 華山文創園区 ⇒ 台北駅

オープントップバスの乗り場と時刻表

オープントップバスの始発『台北駅』での乗り場は下の図を参考にしてください。出発10分程前に周辺にいればバスが止まっているので判ると思います。
チケットは乗車前に直接購入することも可能ですが、事前にネット購入も可能ですので乗車をするのを決めている方は慌てないのでネット購入することをオススメします。

チケット購入URL:https://www.taipeisightseeing.com.tw/jp/Ticket/online

下に添付した時刻表の画像は、Taipeisightseeing のホームページから引用したものです。

【レッドラインの時刻表について】
始発時間 9時10分
運行間隔 50分毎に運行(但し、17時20分以降は40分毎に運行)
終バス時間 20時00分
※季節により運行時間が変更となる場合がありますので、台北のオープントップバスのホームページで時刻表を確認してください。

【ブルーラインの時刻表について】
始発時間 9時40分
運行間隔 50分毎に運行(但し、15時30分以降は30分から40分毎に運行)
終バス時間 16時時40分
※季節により運行時間が変更となる場合がありますので、台北のオープントップバスのホームページで時刻表を確認してください。

オープントップバスに乗ってみた!

チケットを購入したらバスに乗り込みます。
1F部分運転手席の横にあるチケットリーダーにチケットをあてたら、階段を上り2階部分にむかいましょう!
2階の前方部分には屋根があり、雨の時はここに席を確保するといいと思います。天気がよければ、後方部分の屋根がない部分にすわってみてはいかがでしょうか?キレイな写真が撮れること間違いなしです(^^)
そしてこのバスには添乗員さんも一緒に乗車し、着席後にどこで降りるのかを聞かれ、そして降車する場所が近づくと添乗員さんが知らせてくれます。
そして時間があれば記念写真をとってくれますよ。

このバスはWifi完備、スマホの充電OK、そしてイヤホンは多言語対応(もちろん日本語にも対応)となっているので、観光バスとしての役割も充分果たしてくれます!

スタート地点の『台北駅』

『龍山寺』:日本の寺院とは違い色彩が鮮やかなので下車して見ることをオススメします。

『総督府』:龍山寺と中正記念堂の中間地点くらいでみることができます。バスの中からこのようにキレイにみることができますよ。

『中世記念堂』:ここは必見!スケールの大きさは想像以上でした。

『台北101』:2階部分から正面にみることができます!ここに来たら乗客全員が写真をとっていました(^^)

主要な観光地だけを効率よく訪ねたい人には便利な乗り物だと思います。
その場合、4時間券か1日券が有効かな?というのが実際にのってみた感想です。
台北に訪問する時は移動手段の一つとして検討してみてはいかがでしょうか(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。