【台湾旅行記】台湾№1コーヒーショップチェーン『LOUISA COFFEE』に行ってみた。

2019年10月、Peachに乗って台湾へ行ってきました。
今回は台湾No.1のコーヒーショップチェーンである『LOUISA COFFEE』を紹介いたします。

『LOUISA COFFEE』について

2006年にオープンした台湾のコーヒーショップチェーン『LOUISA COFFEE』は2019年9月末現在で462店舗を展開しているコーヒーショップで店舗数は台湾No.1です。
その特徴は、コーヒーの価格が他と比べて安いこと。
地元の人が毎日買えるような価格設定とコーヒーを提供し、朝のモーニングセットもお手頃な価格に設定する事で幅広い支持をうけて台湾最大のコーヒーチェーン店となりました。

そして清潔で綺麗な店内、またWifiや電源完備なところも人気をあつめている要因の一つであると思います。
Wifiや電源完備というのは、旅行中にちょっと情報収集をしたい時に役立つ重宝するので台湾へ旅行するときは『LOUISA COFFEE』を覚えておくと便利です。



『LOUISA COFFEE』を利用してみました

宿泊したホテルの近くにあった Louisa Coffee 民權西店へ実際にいってみました。下の写真にもあるこのマークをみかけたら LOUISA COFFEEです。
台北の街でもあちこちでこのマークを見ることがあると思います(^^)
下の写真は、エントランスの写真です。

実際に店内に足を踏み入れると木の暖かさを感じるつくりになっていました。
そしてキレイな店内は寛ぐのにピッタリです。
メニューをみた印象ではスターバックスよりもコーヒーの価格はお手頃です。

コーヒー等を注文すると、氷の量・砂糖の量を聞かれますので、自分の希望をっ伝えればOKです。
こういうサービス、日本のコーヒーショップチェーンでもあるといいのになぁ。

『 LOUISA COFFEE 民權西店 』について



住所:台北市中山區民權西路3号
営業時間:7:00~22:30

※朝早い時間から営業をしている時間が多いので、宿泊しているホテルで朝食付プランでない場合、このカフェで朝食してもいいですよ。
モーニングセットの値段もお手頃でした(^^)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。