【台湾グルメ】『冰讃(ピンザン)』のマンゴーかき氷は期待通りの美味しさでした!

2019年10月、Peachで台湾へ初訪問。
その時に訪ねた印象深い場所を記載しましたので、台北観光の際に参考になればうれしいです。

台湾の人気スウィーツ「マンゴーかき氷」

台湾の果物といえばバナナやマンゴーが思い浮かびます。
マンゴーを使ったスウィーツの中でも「かき氷」は日本でも大人気!
2015年に原宿に台湾の「ICE MONSTER(アイスモンスター)」が上陸した時は2時間待ちの行列ができたほどでしたから、その人気のほどを知ることが出来ると思います。

そしてマンゴーの産地である台湾で食べるとフレッシュで、価格も安いのが魅力です。
ちなみに先ほど紹介した「ICE MONSTER(アイスモンスター)」でマンゴ―かき氷を食べると日本では1570円、台湾では250元(≒920円)。
※上記価格は2020年1月末日のレートです。

【 ICE MONSTER(アイスモンスター)日本の公式HP 】
URL:http://ice-monster.co.jp/

【 ICE MONSTER(アイスモンスター)台湾の公式HP 】
URL:https://www.ice-monster.com/

大手の店が美味しいというのではなく台湾は地元の小さな店でも美味しいマンゴーかき氷を食べられる店は市内に点在しているそうで、初めて台湾へいく私は、事前の情報収集の結果『冰讃(ピンザン)』行くことを決めました。

『冰讃(ピンザン)』について

ここ『冰讃(ピンザン)』は、数あるマンゴーかき氷を提供する店の中でも評判の店とのことで、今回行くことにしまた
『冰讃(ピンザン)』にした理由はいくつかあります。

  1. 台湾にしかない店であること
  2. 新鮮なマンゴーが食べられること
  3. 美味しいマンゴーかき氷が食べられること
  4. 宿泊しているホテルから近いこと

以上が主な理由です。
ですが新鮮とか、美味しいとかは実際に自分で足を運んで食べた経験がある訳ではないので事前に自分が仕入れた情報が頼りでしたが、その直感が当たって美味しいマンゴーかき氷を食べることができました!

『冰讃(ピンザン)』でのオーダー等はセルフ方式となります。まずメニューの前のカウンターで注文をします。すると番号の書かれた呼び出しブザーを渡されます。そのブザーが振動したら、カウンターに取りにいきましょう!

冰讃の№1人気メニューは、 ふわふわミルク氷のマンゴーかき氷「芒果雪花冰」160元(2019年10月時点)です。
有名店よりリーズナブルだけど、マンゴーの量も充分満足できるくらいです。
写真でもゴロゴロのマンゴーがあるのがわかりますよね?
他の人のが運ばれているのをみて即、これに決めました(^^)

そして、最後に注意です。『冰讃(ピンザン)』は通年営業ではありません!
2019年の営業期間は、4月中旬から10月末日までとあります!
これはフレッシュなマンゴーを確保できないため。他の店もマンゴーかき氷を提供できる期間を決めている店もありますので、事前にFacebookや店のHPで確認することをオススメいたします。

『冰讃(ピンザン)』へのアクセスと営業時間

MRT雙連から徒歩約3分の場所にあります。
駅の2番出口をでたら、右方向に進んでください。歩道を進むとセブンイレブンがありますので、そこを右折すると店名の入った看板があります。

【店舗情報】
住所:103台北市大同區雙連街2号
営業時間:11時00分~22時30分

皆さんもお気に入りの店を探してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。