【台湾グルメ】初台湾ならココは外せない!『鼎泰豊』で小籠包を頂きました。

超有名店『鼎泰豊』とは…

台湾の代表的グルメといえば「小籠包」を連想される人は多いと思います。
その台湾と言えば「小籠包」というイメージ作りに貢献したのがこの店「鼎泰豊」です。
『鼎泰豊』は1958年に創業し、1972年に当初の油問屋から小籠包と麺などを販売する店へと転換。その後、台湾国内で段々と認知と評判をあげていき、遂に1993年にニューヨークタイムズが選出した「世界の人気レストラン10店」に紹介されたことで、この店の「小籠包」は台湾のみならず、世界で一番有名な「小籠包」へとなり、絶大な支持を集めることになるのです。
今では日本国内でも東京、大阪、名古屋、横浜、仙台、福岡など20店以上が展開され日本人に馴染み深い店となりました。

『鼎泰豊 信義本店に行ってみました』

『鼎泰豊 信義本店』には、評判の「小籠包」を目当てに国内外から多くの人が訪れます。ですから店前に到着すると多くの人が店前で待機をしています。
まず、店に着いたら発券機で整理券を受け取ります。
おおよその待ち時間は10分くらいと書かれています。
待っている間にメニューを見ながらオーダーする料理をきめて、個数を記入。
これを決めておけば呼ばれた時に渡せばスムーズです(^^)

「小籠包」以外の料理ももちろん充実していますよ!

整理券の番号はこの電光掲示板を見れば、今、どの番号まで呼ばれているかが判ります。私たちの番号は1021番。整理券にあった待ち時間通り10分程度で呼ばれました!

番号を呼ばれたので、遂に入店!

入店する時に、チェックした注文票を渡します。
その後、2階の席に案内されて料理がくるのを待ちます。本場で食べる「小籠包」は初めて楽しみです!

まずは、やっぱり「小籠包」

普通の「小籠包」「蟹みそ入り小籠包」をオーダー。
小さい蟹がいるのが、「蟹みそ入り小籠包」です。
ちなみに、各種の小籠包は5個入りと10個入りが選べます。
いろんな料理が食べたかったので今回は5個入りとしました。

上の写真は、「ナスの醤油煮」。正直あまり期待していませんでしたが、抜群の旨さでした。
再訪したら注文すること間違えなしです。

上の写真は「ピリ辛ゆでえびワンタン」

最後の締めに頂いたのは「パイクーチャーハン」です。
パラパラのタマゴチャーハンに食べごたえがあるスペアリブがのった豪快なチャーハン!これまた旨い逸品でしたよ。

この後、象山歩道の展望台から台北の夜景をみるために歩く予定があったので飲めませんでしたが、台湾ビールが進みそうな料理ばかりでした。
次回は台湾ビールと共に頂きたいです。

料理を美味しくいただいた後は、1階で会計となります。この会計時ですがクレジットカードは使えません!
現金の準備を忘れずにしてくださいね(^^)

『鼎泰豊 信義本店』の所在地と営業時間

住所:台北市信義路二段194号
営業時間:10時00分から21時00分
ホームページURL:https://www.dintaifung.com.tw/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。