【台湾旅行記】『寧夏夜市』はコンパクトな夜市でした!

2019年10月、Peachで台湾へ初訪問。
その時に訪ねた印象深い場所を記載しましたので、台北観光の際に参考になればうれしいです。

台北の『夜市』について

台湾を訪問するときに絶対訪問したい観光スポットとして『夜市』は欠かすことができません。
私のように台湾初訪問ならば訪問前にガイドブックやネットで得られる情報から絶対にみたいと思うかと思います。
巨大夜市として有名な『士林夜市』、テレビでグルメマーケットとして頻繁に紹介されることが多くなった『饒河街観光夜市』が有名。
今回、紹介する『寧夏夜市』はコンパクトなグルメマーケットして紹介されていたのですが・・・

【 ※『士林市場』の紹介記事 】

『寧夏夜市』について

寧夏夜市』は観光客よりも地元の方が食事などに利用する機会が多いローカルで庶民的なスタートからゴールまで約300メートルくらいのコンパクトな夜市です。今回は木曜日に訪問。
グルメな夜市として評判なのですが、個人的にはちょっと期待していたような食べ物は少なかったのは残念でした。

上の写真で判るように多くの地元の方が夕食のために夜市を利用していました。
私もいくつか飲食してみましたので、紹介いたします。

1【蚵仔煎大王】

寧夏夜市には牡蠣オムレツのお店が非常に多いです。その中でも一番有名で評判がいいのが『圓環邊蚵仔煎』です。
※『圓環邊蚵仔煎』は、残念なことにこの時は休業していました・・・

そこで訪問したのが牡蠣オムレツの老舗である『蚵仔煎大王』です。
個人的な好みはあると思いますが、味は微妙な感じでした。
というよりも、店員さんの態度が最悪だったのであまり美味しくかんじなかったのかもしれません。

2【純鮮飲】

搾りたての果実を使ったジュースを飲むことができます。台湾は暑いので喉が渇きます。そんな時に新鮮な果実のジュースは最高に美味しかったですよ。

並んでいる屋台では、クレジットカードなどは使用できないと思って下さい。
夜市の屋台で買い物をしたいならば現金の準備を忘れずにしましょう(^^)






『寧夏夜市』へのアクセス、営業時間

寧夏夜市』への行き方はMRT中山駅の5番出口から地上にでます。
すぐに看板がありますので、目的地まで約300メートルであることが分かります。そして下の看板が見えたところが夜市のスタート地点です。

住所:台北市大同區寧夏路

営業時間:17時00分~25時00分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。