銀座の美味しいラーメン屋 Vol.7 〜175°DENO担担麺 GINZa 〜

東京都内でラーメン激戦区といえば、池袋や新宿、高田馬場を思い浮かべますよね。
私も数カ月前までそう思っていたのですが実は銀座もラーメン激戦区!ということで実際に食べてみて美味しかった、『銀座にある美味しいラーメン(麺類)』を紹介していこうと思います。
第7回は北海道・札幌初の『 175°DENO担担麺 GINZa  を紹介します。

札幌で人気NO.1の担担麺専門店

『 175°DENO担担麺 』は札幌発の担担麺専門店です。
その人気店が東京1号店の出店の場所として選んだのが銀座!

なぜ『 175°DENO担担麺 』は 競争の激しい札幌で人気No.1のなりえたのか?
それは店主である出野さんが、本場四川省や国内で評判の担担麺の名店を食べ歩き、四川と日本のラーメン技術を融合させた結果が支持を集めたからです。

担担麺だからといって、ただ辛いだけではありません。
辛さに痺れがプラスされて絶品の担担麺を味わうことができるのです。
この味をだすために『 175°DENO担担麺 』では中国四川省の生産者から花椒を直接買い付けています。
そして花椒を低温からじっくり175℃まで油で焼き作る自家製辣油が担担麺に味と香りに深みを加えるアクセントとなっていました。

辛さ・痺れともに3段階から選ぶことができます。
どれにするか迷ったら真ん中を選ぶと良いと思います(^^)

一番人気の商品

担担麺専門店ですから、メニューは担々麺だけですよね。

担担麺専門店ですから、当然メニューは担々麺だけ(^O^)

  1. 担担麺(汁なし)☜人気NO.1
  2. 担担麺(汁あり)☜私が食べたのはコレ!(写真あり)
  3. 黒ゴマ担々麺(汁なし)
  4. 黒ゴマ担々麺(汁あり)

実は人気NO.1の汁なし担担麺はまだ食べたことがありません。次回は絶対に汁なし担担麺を食べますよ(^O^)!

汁ありの担担麺、辛さだけでなく痺れが加わった一品でした。
麺は北海道産小麦100%を使用した特注の中太麺。
具材は自家製調味料で炒められたひき肉、カシューナッツ、小エビなどがたっぷり。
ゴマに加え、花椒の香り、痺れが相まった最後まで飲み干せるスープです。

まさに癖になる旨さでした。
銀座で担担麺が食べたくなったら、オススメできる名店です。

そして、来店者を飽きさせることがないように、こんな感じの期間限定商品を提供してくれることもあります。
面白い試みですよね(^O^)

食事の罪悪感を和らげる!【RIZAP トリプルバリア】

店舗情報

【所在地】 東京都 中央区 銀座 2-6-16 銀座第2吉田ビル B1F

【営業時間】11時30分~22時

【定休日】 なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。