2019年夏休みに岩手旅行!(前編)~盛岡・宮古編~

2019年夏の旅行は、岩手県の自然を満喫してきました。
綺麗な景色を実際にみるだけでなく、その場所の美味しい名物グルメを食べるのも旅行の楽しみですよね。

盛岡駅に到着

東北新幹線で盛岡駅に到着。盛岡駅では鉄道ファン必見の東北新幹線と秋田新幹線の連結・切り離しのシーンを見ることができます。
時間があれば、見ていると面白いですよ。

盛岡駅から最初に向かった先は、精肉屋が営む人気焼肉屋「肉の米内」。
タクシーで向かいます!

『肉の米内』で美味しい😋焼肉ランチをいただく

盛岡駅からタクシーで10分位で『肉の米内』に到着します。
岩手と言えば前沢牛や短角牛といったブランド和牛が有名です。
ここは精肉店が営んでいるためお手頃価格で肉料理を食べられるので地元の方にも大人気!

詳細は添付した別記事をご覧ください

食事後は再びタクシーで盛岡駅前にもどり予約していたレンタカーをかり、
宮古方面へ向かいます。



日本三大鍾乳洞のひとつ『龍泉洞』へ

盛岡駅からレンタカーで『龍泉洞』へ向かいます。
途中、道の駅に寄り道をしながらですので2時間半ほどで到着。
秋芳台・龍河洞とならんで日本三大鍾乳洞に数えられる『龍泉洞』は地底湖の青さが印象的でした。

詳細は添付した別記事をご覧ください

『龍泉洞』の見学を終えたあとは、今回の旅行の最初の宿泊施設である「休暇村 陸中宮古」へ向かいます。

部屋の広さは普通、風呂は広いのですが温泉ではありませんでした。
ですが休暇村の最大のポイントは料理の種類の多さかもしれません(いろいろ問題はありますが…)
※写真の料理は『鮪尽くし』コースでした

2日目は『浄土ヶ浜』を遊覧&散策観光

旅行初日は天気もよくなかったのですが、2日目は絶好の観光日和!
朝から『浄土ヶ浜』を陸から、海から観光。三陸リアス式海岸を初めて眺める事ができました。

詳細は添付した別記事をご覧ください

宮古周辺にいったら震災遺構も訪ねて下さい

浄土ヶ浜にいくと絶景の三陸リアス式海岸に目を奪われてしまいます。
でも、この土地は2011年3月11日に発生した東日本大震災の時に発生した津波被害が激しかったところです。
この地域ではその記憶をいつまでも絶やさないようにとの想いが判る標識を見かけます。
そして震災遺構も存在します…

右の写真は基準点が移動した事を示すもの。
地殻エネルギーの凄まじさが判ります。

『たろう観光ホテル』(津波遺構)…震災時に津波で2階まで流出され、4階までが浸水しました。

「たろう観光ホテル」の近くには『三王岩』と呼ばれる巨大な岩がゴロゴロあつまっている箇所もあります。どれだか判りませんでしたが津波の時に動いた岩もあるそうです。

『三王岩』を観光後、盛岡市方面へ。盛岡市を通り越して雫石町へ向かいます。
後編は、岩手県雫石町での旅行の様子をまとめます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。