リスボンの歴史を知ることができる『リスボン・ストーリー・センター』

『リスボン・ストーリー・センター』コメルシオ広場に面した回廊にあり、インフォーメーションセンターに隣接した場所にあります。
コメルシオ広場には、以前は宮殿があって、大航海時代の貿易船もここから出発していたという歴史的な場所であるため、その場所に『リスボン・ストーリー・センター』が設置されたのも納得です!

この施設に入場したきっかけは、『リスボアカード(LISBOA CARD)』を利用して、残り時間で入場できそうな施設がココくらいしかなかったので軽い気持ちで「いってみようかなぁ」と思ったことからです。

まずは入口で音声ガイドを受け取ります。
この音声ガイドは日本語対応もされているので、この後の展示紹介も楽しめます。少し変な日本語はご愛敬ですね(^^)

館内入場後は、映像・音声・展示物により紀元前から現在に至るまで今のリスボンの街がどのように形成されたのかをアトラクション仕立てでワクワク興味深く知ることができますよ。

大航海時代の船倉の様子はとてもリアルでした。
シナモンやコーヒーの匂いまで再現されていました。

館内展示のクライマックスは、1755年に発生しリスボンのほとんどが被害を受けたリスボン地震の様子を映画仕立てで紹介しているコーナーです!

館内見学の所要時間は約60分くらい!
屋内施設だったので、雨天の時に楽しく学習できる施設なのでオススメです(^^)

最終入場である19時に入場。見学を終えると20時となっていて既にまっくら、ライトアップが綺麗でしたよ。
コメルシオ広場のツリーの周りには大勢の人がいました。

『リスボン・ストーリー・センター』の詳細

住所:Praça do Comércio 78, 1100-148 Lisboa

営業日:毎日

営業時間:10時00分~20時00分(最終入場19時)

※リスボアカード提示で入場無料

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。