【台湾旅行記】世界のスターバックスをゆく~スターバックスコーヒー 保安門市店~

2019年10月、Peachに乗って台湾へ行ってきました。
台湾にもスターバックスは当然あり、昔の建物をリノベーションして使用している『スターバックスコーヒー保安門市店』は店内の雰囲気もよかったのでご紹介致します。

『スターバックスコーヒー保安門市店』に使用されている歴史的建造物

台北のレトロタウンエリアとして有名な「大稲埕」は、台北で最も歴史あるエリアです。
そのような街「大稲埕」には最近は古いバロック建築を改装したカフェやショップも増加してきています。
『スターバックスコーヒー保安門市店』もその「大稲埕」にあります。
そしてその店舗は、パイナップル輸出で財をなしたパイナップル王と称された葉金塗氏が1926年に建てられた歴史的建造物を利用しています。



店内にはいってみると。

『スターバックスコーヒー保安門市店』に実際入ってみました。
オーダーは店内1階のカウンターで行います。
カウンターの横には台湾土産やコレクターが喜びそうなオリジナルグッズが揃っていますので旅の記念に購入してもいいかもしれません。
そしてドリンクやフードも台湾ならではのメニューがありましたので、せっかく台湾へ旅行に来たのですから台湾オリジナルメニューを注文しました。
またこちらの店舗は「スターバックスリザーブ」として位置づけられていますので、通常店舗で取り扱いのない希少なコーヒーを味わうこともできる店舗です。
希少なコーヒ―をオーダーした場合、それを味わう専門のカウンターも設けられています。

※入ってすぐに飛び込んでくる景色は、日本のスタバと違いがありませんね。
でも、並んでいるフードメニューは少し違っていました。

※台湾らしいメニューも「キヌアとポテトのサンドイッチ」と「黒糖くず粉ゼリーのコーヒ」を発見したのでこれを注文してみました。

※カウンターのすぐ横には、このようなグッズがありました。お土産にもいいですよね。

※1階の壁にはコーヒーがどのようなルートで世界に伝播されたのか、台湾に「いつ」コーヒーが伝わったのかが記されていました。

※1階で飲食もできますが、少し優雅な雰囲気でコーヒーを味わいたい方は、一度外にでて、すぐ横の扉をあけると下の写真にあるような螺旋階段があります。
この階段を登った2階と3階では、シャンデリアの下でコーヒーを頂けますよ。

★台湾のスターバックスでは、東方美人茶などの台湾茶もいただけます。
こういう体験ができるのも台湾ならではのことですから、次に台湾へ行った時にはスタバで台湾茶を飲んでみたいなぁ(^^)



『スターバックスコーヒー保安門市店』はどこにある?営業時間は?

住所:No. 11号, Bao’an Street, Datong District, Taipei City
営業時間:7:00~22:30

※早朝から営業していますので、モーニングにも利用できます。
また近くにはノスタルジックな感じを出している人気観光エリア『迪化街』が
ありますので近くにいくことがあれば立ち寄ってみるのも良いのではないでしょうか?






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。