【ハワイ旅行記】ハワイ王国 最後の王族が住んだ『イオラニ宮殿』はアメリカに現存する唯一の宮殿

2018年11月にANA特典航空券を使ってハワイ旅行にいってきました。
初ハワイが3泊5日の弾丸旅行だったので、定番観光地に訪問し、定番グルメをいただく旅行内容になっています。

何度もハワイに行かれている方には当たり前、知っている情報かもしれませんが、ハワイ初心者の方には参考になるかもしれませんので、興味があれば覗いてみてください(^O^)

『イオラニ宮殿』の歴史

イオラニ宮殿』は、1882年にハワイ王朝7代目であるカラカウア王によって建設されました。
しかし、カラカウア王の時代には、政府閣僚の多数を白人で構成され、ハワイ王朝も末期を迎えていました。
1891年にからかうア王が病死し、妹のリリウオカラニに王位が継承されると、王権を回復するための新憲法の発布を計画されるのですが、1893年1月、この新憲法発布を阻止しようと白人たちが起こしたクーデターにより王国崩壊へと繋がりました。
王制廃止後は、1969年にハワイ州庁舎が落成するまで行政府として75年間、使用され、現在はボランティア団体により宮殿の管理・維持がされています。

なお『イオラニ宮殿』の向かいには『アリイオラニ・ハレ』があり、その『アリイオラニ・ハレ』前にはハワイ諸島を統一し、1810年にハワイ王国を建国。
初代国王となった『カメハメハ大王』の像がありますのでセットで訪問すると記念撮影もできてハワイ旅行の良い記念になると思いますよ(^^)

『イオラニ宮殿』の楽しみ方

『イオラニ宮殿』内部はガイドと一緒に廻るグランドツアー、自分で廻るオーディオツアーの見学ツアーを利用して見学ができます。
日本語ガイドつきのグランドツアーは、1日1回実施され、一度の定員が20人と少人数となっています。
王冠や勲章、宝石などの展示品が並ぶ地下ギャラリーは、入場料を払えばツアーに参加しなくても自由に入場することができるようになっています。

宮殿の裏玄関を入ると吹抜けからの光が綺麗な「グランドホール」。

写真引用元:イオラニ宮殿 公式HPより

グランドホールの右側には来客をもてなしたり、公式行事に使用された「正餐室」があります。

写真引用元:イオラニ宮殿 公式HPより

その「正餐室」隣には、小さな歓迎会や音楽会などで利用した「青の間」があります。

写真引用元:イオラニ宮殿 公式HPより

宮殿内部も見応えがあるのですが、毎週金曜12~13時に宮殿内の芝生にて開催される「ロイヤル・ハワイアン・バンド」のコンサート演奏も見応え十分です。「ロイヤル・ハワイアン・バンド」は1836年にカメハメハ三世によって創設されたハワイ王朝専属の歴史ある楽団です。

今回、その演奏を生で楽しむことができてラッキーでした。しかも無料で(^ ^)。皆さんも時間が会えば是非演奏を楽しんでみて下さい!

門扉にあるハワイ王国紋章には、カメハメハ三世の言葉「大地の生命は、正義によって守られる」という言葉がハワイ語で刻まれています。

『イオラニ宮殿』へのアクセス

所在地:364 S .King St, Honolulu, HI 96813
営業時間:9:00~16:00
  ※営業時間は季節によって異なる場合があるのでHPで確認お願いします。
  ※チケット販売時間は営業終了の30分前迄です。
休館日:毎週日曜日、 元日、マーティン・ルーサー・キング・デー、
    独立記念日、サンクスギビング、クリスマス、大晦日

ホームページURL:https://www.iolanipalace.org

アクセス方法:ワイキキ「Kuhio Ave + Seaside Ave」バス停留所から乗車し、
                    「
S Hotel St + Alakea S」で下車。
       (利用バスは2番・13番・E となります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。