ポルトガル名物 サクランボのリキュール『Ginjinha(ジンジーニャ)』

ポルトガルで世界的に有名なアルコールといえば「ポートワイン」というのが、私がポルトガルに行く前のイメージでした。
旅行直前になってGinjinha(ジンジーニャ)と呼ばれるさくらんぼのリキュールがあることを知りました。

Ginjinha(ジンジーニャ)とは、ジンジャと呼ばれるサクランボの一種をアルコールに浸し、砂糖と他の成分を加えて作られたリキュール。
ポルトガルでも特に、リスボンやオビドスで親しまれていてるリキュールで立ち飲みで気軽にいただける店が存在します。
アルコール度数は17度~20度程度と高めで、小さなカップに注ぎ、主に食前酒として楽しむそうです。

「さくらんぼのリキュール」、「リスボンで親しまれているリキュール」ということを知ってしまったらリスボンに行くなら外せないと思い、リスボン滞在中に
飲んでみました(^^)

ロシオ広場の片隅にある『A GINJINHA』

『A GINJINHA』は、リスボンの中心である広場のロシオ広場の片隅にある小さいですが、立ち飲みでリスボン名物のリキュール酒「Ginjinha(ジンジーニャ)」を気軽に楽しめる店舗です。

1カップ1.4ユーロ(2019年12月時点)という手頃な値段で気分転換ができるので、地元の人だけでなく観光客も多く訪れます。
カウンターで注文をしたら、その場でカップに注いでもらいます。
カップには2粒くらいのサクランボが入っていて、梅酒のような感じでした(^^)

気に入られた方はボトルでの購入もできます。
ここで買い忘れた人は、空港の免税店でも購入可能です。
リスボン旅行の記念の土産としてもいいかもしれませんね(^^)

『A GINJINHA』の営業時間・アクセス

【営業日】 毎日

【営業時間】 9時00分~22時00分

【住所】 Largo São Domingos 8, 1100-201 Lisboa 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。