鹿児島といえば『桜島』!最高の眺望を望めるビューポイント Vol.2

JALの『どこかにマイル』を申し込んだところ目的地として鹿児島が選択されたので2020年10月に鹿児島旅行へいってきました。
1泊2日の旅行なので鹿児島県内をくまなく訪問とはいきませんでしたが観光もグルメも楽しむことができました。
今度はもう少しゆっくり滞在してもいいかなぁと思える街でした。

『桜島』を眺めるビューポイントの一つとして既にPart.1で『名勝 仙巌園』を紹介していますが、今回はPart.2として『城山公園展望台』を紹介します。

『城山公園展望台』は『桜島』の絶景ビューポイント

市街地の中心部に位置する標高107mの「城山」。
鹿児島市街地と錦江湾、桜島が望める展望台は、絶好の撮影スポット。天気の良い日には遠く霧島や指宿の開聞岳も見え、夜景が美しいことでも有名です。
明治10年(1877年)の西南戦争の最後の激戦地となったため、西郷洞窟や西郷終焉の地など、周辺には西南戦争にまつわる史跡が多く存在し、歴史好き&西郷隆盛ファンは必ず訪れたい場所のひとつです。

引用元:かごしま市観光ナビ ホームページ

『城山公園展望台』へのアクセスについて

標高107mの「城山」の中にある『城山公園展望台』へは照国神社の裏にある坂道(山道)を登って辿り着くこともできますが、とにかく疲れます。
足場も良いとはいえませんので、バスで行くことをオススメします。
カゴシマシティビュー「城山」で下車すればあっという間に到着です。

城山まで来たらせっかくですから「城山ホテル鹿児島」で食事をするもよし、カフェラウンジで「城山ブルワリー」のクラフトビールを味わってみてはいかがでしょうか(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。