太宰府天満宮 参道で梅が枝餅を食べ比べ『梅ヶ枝餅 やす武本店』

2022年2月14日から2月16日にかけてANA「今週のトクたびマイル」で4か月ぶりに福岡再訪です。
前回2021年に福岡へ訪問した際は1泊2日だったので、市内グルメ巡りでおわってしまいましたが、今回は近郊の観光地へも足を伸ばすことができました。
もちろんグルメ巡りもしてきましたよ(笑)

今回は大宰府天満宮を代表する和菓子「梅が枝餅」美味しいと評判の店を訪れてきましたので順に紹介させていただきます。
3番目に紹介させていただくのは『梅が枝餅 やす武本店です。

「梅が枝餅」とは

藤原氏全盛の時代に天皇の忠臣として右大臣まで昇りつめた菅原道真は政変により901年 都から大宰府へ大宰員外帥として左遷され、菅原道真が気落ちしていた時に安楽寺の門前で餅を売ってい老婆が菅原道真に元気を出して欲しいと餅を供し、その餅が菅原道真の好物となりました。
大宰府で菅原道真が没した後も、老婆が菅原道真の好物であった餅を梅の枝を添えて墓前に供えたのが「梅が枝餅」の始まりとされている説や、別の説では菅原道真が左遷直後の食事もままならなかった時に老婆が道真へ梅の枝の先に餅を刺して差し入れたというのが始まりという説など諸説ありますが、はっきりとしたものがないそうです。
また、太宰府天満宮表参道では多くの店で「梅が枝餅」が販売されていますが、どの店が元祖なのか?これもはっきりしていません(笑)

現在、「梅が枝餅」を販売する店は太宰府天満宮表参道に多数存在しています。しかし「梅が枝餅」は登録商標をとっているため使用できる材料はもち米・うるち米・あずき・砂糖・塩と決まっているそうですです。焼き型も、全店まったく同じ!                                           材料も焼き型も全く同じ中で各店の秘伝のレシピ(笑)により皮や餡の味が異なってくるようです。
自分好みの「梅が枝餅」を探してみるのも楽しいとおもいます。

『梅ヶ枝餅 やす武本店』について

梅が枝餅 やす武本店のは1948年創業の老舗店ですが、その歴史は大変古く安武家は鎌倉時代末期から宰府六座の商家の一族として太宰府の門前町で永年にわたり商いを続けているそうですから参道にある店の中でも屈指の歴史ある歴史ある店の一つと言えるかもしれません。
2021年に店舗をリニューアルし、キレイになりましたが、歴史感じる佇まいです!

梅が枝餅 やす武本店の梅ヶ枝餅は素材や製法にこだわり作られています。
「やす武」の餡は北海道十勝産小豆の中でも最高級の「雅」だけを使用して作られています。
小豆本来の豊かな風味と、飽きのこない上品な甘さが特徴です。
そして梅ヶ枝餅の生地となるもち米粉は、天満宮参道の近くにある製粉所で作られています。
厳選した国産もち米を使用することにより、もっちりとした食感の良い餅皮に仕上げられ、餡の甘みとあいまって生地の風味、口当たりを楽しめます。
店には喫茶スペースもあり、本当はそこで出来立ての「梅が枝餅」を食べることもできるのですが、まん延防止等重点措置中だったことも影響したのか喫茶スペースでいただくのはNGでした。
しかし、店内通路で出来立ての梅が枝餅」をいただくことができました(笑)

『梅ヶ枝餅 やす武本店』へのアクセス・営業時間について

西鉄太宰府駅から表参道を太宰府天満宮方面へ徒歩3分の場所に店舗があります。
表参道には様々な店があるので、あっという間に到着します。
※博多駅や福岡空港、天神では購入できる場所を発見できませんでしたので、気に入った方は店先かオンラインで購入することをお勧めします。

【所在地】:福岡県太宰府市宰府2-7-16

【定休日】:不定休

【営業時間】

月曜日
08:30 – 18:00
火曜日
08:30 – 18:00
水曜日
08:30 – 18:00
木曜日
08:30 – 18:00
金曜日
08:30 – 18:00
土曜日
08:30 – 18:00
日曜日
08:30 – 18:00

【冷凍】太宰府天満宮参道 やす武 太宰府名物 梅ヶ枝餅約70g×10個

新品価格
¥1,300から
(2022/2/27 15:44時点)

【送料込み】やす武 太宰府名物 冷凍梅ヶ枝餅20個【和菓子 老舗 ギフト 歳暮 贈答 贈り物 令和 ギフト お供え 送料込 スイーツ 受験 合格 お菓子 梅が枝餅 うめがえもち うめがやもち 国産

価格:3,780円
(2022/2/27 15:47時点)
感想(1151件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。