ANA 国際線・JAL 国際線、今でも渡航できるのは何処??

新型コロナウィルス感染拡大の影響は国内だけでなく、海外にも大きな影響を及ぼしています。

国内の大手航空2社は利用者減の逆風下の中での需要喚起をねらった発表を相次いでしました。

JAL:2020年7月末までの搭乗分のFLY ON ポイントを通常の2倍
ANA:2020年6月末までの搭乗分のプレミアムポイントを通常の2倍

この発表はステイタスアップを狙う人には朗報だと思うのですが、2020年4月1日の日本経済新聞の記事に掲載されましたが、両社ともに4月末までの運行数を85%以上減便しています。
この状況下で実際にどこへ渡航できるのでしょうか?

ANAとJALのプレミアムポイントアップなどの新型コロナ対応の特別措置に関する記事を次の埋め込み記事をご覧ください。

ANA 国際線の運航路線

ANAのホームページでは4月3日時点での便数計画が開示されていましたが、変更もありえますので最新の情報は各自の責任でご確認ください。

ANA公式ホームページ情報:
新型コロナウイルス感染拡大に伴う国際線路線・便数計画の一部変更について

【運行路線・スケジュール】

2020年の4月3日時点で4月24日までの運行・減便計画は以下に添付したリンク先から確認ができます。ご参照ください。
(4月25日以降の運行については、後日発表になります)

方面別運行スケジュールの詳細については、こちら!

JAL 国際線の運行路線

JALのホームページでは4月3日時点での便数計画が開示されていましたが、変更もありえますので最新の情報は各自の責任でご確認ください。

JALの公式ホームページ情報:
〔3月29日以降搭乗分〕新型コロナウイルス肺炎の影響に伴う一部運休・減便・時間変更について(2020年4月3日更新)

【運行路線・スケジュール】

2020年の4月3日時点で4月30日までの運行・減便計画は以下に添付したリンク先から確認ができます。ご参照ください。

北米路線のスケジュール詳細についてはココ!

欧州路線のスケジュール詳細についてはココ!

東南アジア・南アジア路線のスケジュール詳細についてはココ!

東アジア路線のスケジュール詳細についてはココ!

オセアニア路線のスケジュール詳細についてはココ!

ハワイ・グアム路線のスケジュール詳細についてはココ!

 

外務省よりの渡航に関する情報

日本は現在、一部の国からの入国者や日本人の帰国者への入国制限措置をしています。
同様に諸外国も日本からの旅行者へ入国2020年制限措置を実施しています。2020年4月3日現在、外務省の調べによると『日本からの渡航者や日本人に対して入国制限措置がとられている国・地域(180か国/地域)』にも及んでいます!これってつまり国連参加国のほとんどの国と地域になるわけです。

これではANAやJALに乗って海外に渡航できたとしても、2週間の隔離や行動制限があったら旅行を楽しめませんし、弾丸旅行も不可能ということです。

またイタリアやアメリカのように渡航先が数日で状況が一変して帰国ができなくなるリスクも潜んでいます。

渡航する時は必ず、外務省安全ホームページの最新情報を確認して下さい

(まとめ)安易な海外旅行は控えた方が賢明です!

新型コロナウィルス感染拡大がどこまで広がり、以前のように旅行を楽しめる時がいつになるのか全くわかりません。

国内大手航空2社が実施しているプレミアムポイントが2倍付くキャンペーンで、海外でいけば一度の旅行で大量のポイントを稼ぐことができてステイタスアップへの近道ですが、リスクが高い今は海外への旅行は控えた方が賢明です。
ステイタスアップを狙うなら国内旅行でポイントを稼ぎ、海外旅行は新型コロナウィルス感染が終息したら思いっきり楽しみましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。