東京カフェ巡り ~COFFEE VALLEY (池袋で本格コーヒーを!)~

時間ができるたり、旅先で必ず立ち寄るカフェや喫茶店やはコーヒー好きな自分にとって活力をあたえてくれる「ホッと」落ち着ける空間です。
東京には、そのようなカフェが沢山ありますので自分のお気に入りのカフェ・喫茶店を順次紹介させていただきます。今回は池袋にある『COFFEE VALLEY』という店です。

『COFFEE VALLEY 』とは…

2019年になり、ブルーボトルコーヒー 池袋カフェや猿田彦珈琲池袋店がオープンしてカフェで美味しいコーヒーを飲むことが出来るようになった池袋。
それまでの池袋はチェーン店や昔ながらの喫茶店しかなかったんですよね。

そのような環境下で2014年11月 池袋エリアで初のスペシャルティーコーヒーを提供するカフェが出現したのが『COFFEE VALLEY』です。
扱っているコーヒー豆は三軒茶屋にある OBSUCRA COFFEE ROASTERS のものになります。

池袋でスペシャルティーコーヒーを飲みたい人にお勧めの店です。

店内の様子は…

池袋東口から徒歩5分位の場所に店舗を構えていますが、路地裏にあるため初めて行く人にはわかりにくいかもしれませんが、地図アプリで店名か住所(東京都豊島区南池袋2-26-3)で検索をかければすぐ判ります。

3階建ての1・2階部分が『COFFEE VALLEY』。
3階部分は『PEAK』という『COFFEE VALLEY』よりも更に上質の豆をハンドドリップで淹れてくれる店があります。
(2019年8月に訪問した時に、1階にもドリップコーナーが!
そこで『PEAK』の扱っているコーヒーをハンドドリップで淹れていただけるようになっていました)

Woody調で統一された店内は、落ち着きある空間となっています。
電源やWifi環境も整備されていますので、長居したくなる気持ちは判りますが席数に制限もあるのでコーヒーを味わった後は適度な余韻にひたったら席をあけるようにしましょう(^.^)

実際にコーヒーをいただいてみました

スターバックスでいう「本日のコーヒー」的なものから、こだわりのスペシャルティーコーヒーを飲むことができます。
注文するレジ前には、コーヒーのマトリクスが置かれていますのでそれを参考に自分好みのコーヒーを選んでもいいですし、迷ったときは店員さんに自分の飲みたい感じのもの「酸味」「フルーティー」などの情報を伝えれば、いくつか挙げてくれる候補の中から選んでみてはいかがでしょうか?

下の写真は「スリーピークス」。デミタスカップに、ドリップコーヒー、エスプレッソ、マキアートと抽出方法を変えた3種類のコーヒーの飲み比べができる人気メニューです。

こちらの写真は、朝の人気メニューです。

新しくできていたドリップコーヒーのコーナーです。
自分で選んだ豆の淹れたてコーヒーを頂けます。ただし、こちらのコーナーは11時からとなっているそうです。

池袋でゆっくりと静かに、コーヒーを味わいたくなったら是非足を運んでみて下さい。

店舗情報

ホームページ:https://coffeevalley.jp/

住所:東京都豊島区南池袋2-26-3

営業日 :毎日

営業時間:平日 8時~22時
     土日祝日  9時~22時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。