東京 美味しいラーメン店巡り Vol.32『駄目な隣人 ラーメンとライス 』(人形町)

東京の美味しいラーメン店の紹介をさせていただきます。
あくまで個人の評価となりますのでその点はご了承下さい(^^)
第32回目は人形町にある『駄目な隣人 RAMEN RICE』を紹介します。

『駄目な隣人 RAMEN RICE』について

『駄目な隣人 RAMEN RICE』は、店の外観を一目みただけではラーメン屋だとは気づきませんでした。ランチタイムに店の前を通った時に行列をみて、何の行列かな?とおもってネット検索をして評判のラーメン屋であることがわかりました。

店内に足を踏み入れると、まず目にとまるのが壁にかかれたダルマの絵!ラーメン屋でこれほど派手な絵をみるのは初めてです!
また、カウンター席に座りカウンターの向こうに見える「東京」の赤い電飾も従来のラーメン屋らしくないという印象をうけました。

順番がきて、店内に入ると案内されたカウンター席に着席。そこでメニューを再確認。
メニューをみて決まったらシートで自分のオーダーしたい欄にチェックをいれて店員さんに現金と共に渡します。
券売機がない店って珍しいですね。

メニューには細麺太麺があって選択可能です。オススメは太麺のようですよ(^^)
どちらの麺も老舗の菅野製麺所の全粒粉を使用しています。
今回は、特製ラーメンを太麺で注文しました。

オーダー、ラーメンが到着するまでしばらく待ちます。
その間に卓上をみていましたが、様々なものが置かれていました。
卓上には「5種類のカスタマイズ用のトッピング」が置かれていて、これを「無料」で利用できるのです。
しかも、ただのトッピングでなくこだわり溢れるものがそろっています。

・焼き海苔:日本橋室町『山本海苔店』の海苔
・鰹節粉:日本橋室町『にんべん』の鰹節粉
・かえし醤油
・黒胡椒
・ニラ胡椒

オーダー後、10分位で特製ラーメンが運ばれてきました。
麺・味玉・チャーシューのいずれも美味でした。そしてトッピングの焼き海苔を使って食べると味がいっそうよくなります。
メンマを作る過程でクミンをつかっているそうです。そのクミンの風味がスープにとけて少しスパイシーな感じがするラーメンという感じでした。
スパイシーな風味が苦手な人にはちょっと・・・という感じかもしれませんね(^^)

『駄目な隣人 RAMEN RICE』へのアクセスと営業時間について

『駄目な隣人 RAMEN RICE』は、都営浅草線・東京メトロ日比谷線人形町駅A5出口を出てすぐの場所にあります。

【所在地】:東京都中央区日本橋人形町3–7-13

【定休日】:無休

【営業時間】:11時30分 ~ スープなくなり次第終了

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。