東京 町中華めぐり 『水新菜館』(台東区浅草橋)

『水新菜館』について

JR・都営 浅草橋駅から徒歩5分ほどの場所に台東区を代表する町中華の名店『水新菜館』はあります。

『水新菜館』の前身は、100年以上前の1897年に創業したフルーツショップとのこと。
その後、1974年に現在の中華料理店としてスタートしたそうです。
中華料理店として再スタートしてから、もうすぐ50年という歴史のある店なんですね。

『水新菜館』外観は下の写真。
歴史を感じる趣のある店舗です。ランチタイムには外で入店待ちの列ができるくらいの人気店です。

人気メニューは、なんといっても「あんかけ焼きそば」です。
初めてここに来た方で、何を注文しようか迷ったら、「あんかけ焼きそば」を注文すればハズレはありません。

周りを見渡せばわかりますが、ほとんどの人は「あんかけ焼きそば」をたのんでいますから(^^)
野菜のシャキシャキ感、焼きそばのおこげの部分、餡の絡みくあいとバランスが最高です。
そして、餃子も美味しいですから、お腹に余裕がある人は是非オーダーしてみて下さい。

『水新菜館』は料理以外にも名物があります。
それは、一度訪問したら忘れられない、中華なのにイタリアンなエプロンをしたマスター(^^)
適度な距離を取りながら、コミュニケーションをとってくれるので、また来たくなると感じますよ。

『水新菜館』へのアクセス

【所在地】:東京都台東区浅草橋2丁目1−1

【定休日】:日曜日

【営業時間】11時00分~15時00分、17時00分~21時
                           

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。