京都 金戒光明寺『浄土宗最初の寺院は、新選組発祥の地としても有名です』(紅葉の名所 12)

毎年、紅葉の時期になると多くの人が観光へ訪れる古都・京都。
近年は海外からの観光客もふえ、観光名所である寺院には鑑賞方法が変化したものもありますが紅葉が見事なことには変わりありません。
11月に入りましたので、今日からは2011年以降に訪問した京都の紅葉名所を紹介させていただきます。

少し前のものはカメラの画像も粗いものとなっていますが、ご了承下さい。

金戒光明寺について

金戒光明寺』は浄土宗の開祖である法然上人がはじめて草庵を営まれた場所であるため浄土宗最初の寺院とされています。

迫力ある山門、そして御影堂が代表的な建造物です。

江戸時代、徳川幕府は直轄地の二条城に京都所司代を置き、有事の際の備えとして軍隊が配置できるように黒谷(金戒光明寺)と知恩院を城構えとしていました。大軍が一度に入ってこられないように南には小門しかなく、西側には高麗門が城門のように建てられた。
丘の上に建ち、遠くまで見渡せる金戒光明寺は自然の要塞でもありました。
そのような背景もあり、幕末は京都守護職会津藩の本陣となり「新選組」発祥の地になりましたので、今では「新選組」のファンの方にとっては人気の観光地となっています。

金戒光明寺の紅葉

金戒光明寺で紅葉をみるならば、山門の前と庭園がオススメです。
見頃を少し過ぎても綺麗な景色を見ることができますよ。
(下の写真は2014年11月30日に庭園で撮影したものです)

また、紅葉シーズンは『秋の特別公開』『特別夜間特別拝観』が実施されます。
(※2019年は11月4日から12月8日に実施)

金戒光明寺へのアクセス

【所在地】京都市左京区黒谷町121

【公共交通機関を利用してのアクセス】
京都市営バス 岡崎道下車(32・100・203・204系統) 徒歩10分
市バス 東天王町下車(5系統) 徒歩15分

【拝観時間】
9時00分~16時30分(16時00分受付終了)

【拝観料金】
御影堂・大方丈・庭園:大人800円
山門:大人800円
セット券(御影堂・大方丈・庭園・山門):大人1,400円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、TSUNEです。 首都圏在住&勤務の会社員です。 毎日の暮らしでストレスがたまるのは致し方ないこと、そのストレスをなくすための生活をしたい!と考えて『旅行』や『食べ歩き』をしています。その時に現地で感じたことを発信させていただきます。